イマココラボで行っているワークショップの冒頭に、参加者の皆さんに必ず聞く質問があります。

「SDGsは、実はSDGsという名前で採択されたわけではありません。国連加盟国197ヵ国が全会一致で採択した文書の正式名称は何でしょうか?」

なぜこのような質問をするかというと、17の目標と169のターゲットで構成されているSDGsは、採択された文書の一部に記載されているものであって、文書全体に書いてあることでもなければ、文書のタイトルでもないからです。

その文書の正式名称とは、「Transforming Our World(我々の世界を変革する)」。

つまり197ヵ国すべての国が同意したことは、「我々の世界を変革する、トランスフォームする」ということなのです。

では、トランスフォームとは一体どんな意味なのでしょうか? 同じような意味をあらわす英語のChange(チェンジ)と比べると分かりやすいと思います。「色や形が変わるレベルの変化」という意味のチェンジに対して、トランスフォームは「原型をとどめないレベルでの変容」をあらわします。例えば、さなぎが蝶に変わるような全く違う存在になる、そんな変容です。

SDGsで実現しようとしていることは、17の目標でもなければ、169のターゲットでもありません。我々の世界を変革する、トランスフォームすることなのです。SDGsはトランスフォームするための手段でしかないのです。もっと言うと、トランスフォームできればSDGsの目標はなくてもいいのです。

そしてさらに、我々の世界をトランスフォームするためには、世界の一員である我々自身、一人ひとりがトランスフォームする、ということでもあるのです。

SDGsの本質は「我々の世界のトランスフォーム」と「我々自身のトランスフォーム」なのだと、私たちは考えています。

 

イマココラボのメンバーが考えるSDGs


共同創業者/共同代表
村中 剛志
SDGsの本質という問いから見えてくる世界
「SDGsの本質とは?」。この問いを目の前に置いた時、「SDGsを何としてとらえているのだろうか?」という次の問いが生まれてきました。それはあまりにも多様な観点があり、複雑に絡み合っていて、集合体のようなイメージでした。言葉に表現されていない感覚的なものをあえて言葉で表現することで、SDGsが私たちに語ろうとしている本質がこんな感じではないであろうか、ということを次のように表現してみました。
続きを読む

 


マスターファシリテーター
能戸 俊幸
世界を変革する「何か」を見つけるために
私たちの世界はさまざまな要素が複雑につながり、絡み合い、影響し合っています。その世界にあっては、分かりやすい「答え」や「正解」などは存在しないものが多いのではないでしょうか。だからこそ、いま求められているのは「正解」ではなく「行動」だと私たちは考えています。
続きを読む

 


マスターファシリテーター/営業
桝田 綾子
試行錯誤を続ける「探求の旅」へ
SDGsは正解があるものではなく、何をどうしたらいい、がすぐにはわからないもの。「なぜ、今SDGsなのか」を理解するように促した上で、「ではどうするのか?」を問うてくる、「問い」のようなもの……と、私たちは考えています。「ではどうするのか?」という問いへの答えは、すぐに出るものではありません。
続きを読む

 


ファシリテーター/営業
平手 喬久
社内推進に必須の軸と方法論
現在、多くの企業が抱えるジレンマは、SDGsを進めて持続可能な世界に向かう方針を掲げたけれど、目先の利益とコスト構造を優先する二つのビジョンにより、エネルギーが相殺されて思うように進まない構造が起きていることです。特に大きな企業ほど、この構造を抱えています。解消には特効薬があるわけではないですが、
続きを読む

 

SDGsの本質に触れる企業研修事例


HARIO株式会社~SDGsを通して社員と自社の可能性を探求する~

詳しく見る


日本軽金属株式会社 ~CSR報告書制作プロジェクトを超えて、SDGsの本質を浸透する~

詳しく見る


ゲームを通じて深まる「自分ごと」感/ユニリーバ・ジャパン株式会社

詳しく見る