よくお問い合わせいただく質問と回答をまとめました。

 

↓ 2030SDGsカードゲームについて
↓ 2030SDGsカードゲームを開催したい
↓ ファシリテーター養成講座について
↓ イマココラボについて

 

2030SDGsカードゲームについて

2030SDGsカードゲームはどんなゲームなの?

カードゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」はSDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりをシミュレーションするゲームです。「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「SDGsがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体験から理解するゲームです。
2020年9月現在、世界20か国以上、20万人の方に体験いただいています。カードゲームに関する詳細はこちら

 

所要時間はどれくらい?

2030SDGsカードゲームゲームプレーと振り返りで構成されています。ゲームプレーは1時間半程度で振り返りは1~2時間、全体で2.5~3.5時間前後の時間が必要です。(企業に導入する場合は企業事例等の紹介も含めて3.5時間を推奨しています)

 

対象年齢は何歳ですか?

中学生以上を対象としています。
※ゲーム自体は小学生でもプレー可能ですが、ゲーム体験を現実の世界と紐づけることによる学びや気づきは抽象概念の理解が必要となります。ワークショップの構成等を工夫することで、小学校高学年に対して実施することも可能です。

 

参加人数に制限はありますか?

1つのゲームキットで最大50名まで参加可能です。それ以上の場合はゲームキットを追加することで最大150名程度可能です。

 

2030SDGsカードゲームはどこで体験できるの?

定期的に2030SDGsカードゲームが体験できるイベントを開催しています。詳細は今後のイベント開催予定をご確認ください。

 

2030SDGsカードゲームはオンラインで体験することはできるの?

現在開発中です。2020年末には提供出来る予定で進めています。ホームページやメールマガジンでご案内する予定ですので、ご興味がおありの方はぜひメールマガジンへご登録ください。 また、企業の皆様向けに、カードゲームを使わずにSDGsの本質を伝える、オンライン研修も実施しております。ぜひ詳細紹介ページもご覧ください。

 

2030SDGsカードゲームは買えるの?

2030SDGsカードゲームは、一般に販売はしておりません。ファシリテーター養成講座を受講し、ファシリテーターとなった方のみカードゲームの開催が可能です。ファシリテーター養成講座に関する詳細はこちらをご覧ください。

 

2030SDGsカードゲームは日本語以外で体験することはできるの?

現在、カードゲームは8種類の言語で作成されています(日本語、英語、中国語、タイ語、韓国語、フランス語、オランダ語、スペイン語 ※他言語は順次作成中)。海外で行われているイベント情報はこちらをご覧ください。

 

2030SDGsカードゲームを開催したい

2030SDGsカードゲームを自分の組織・団体に導入したいのだけどどうすればいいの?

企業、学校、自治体など幅広くカードゲーム2030 SDGsを導入いただいています。導入に関するご相談やお問い合わせはこちらから。
また企業、学校、自治体の導入事例は以下からご確認できます。
・企業 → 企業の導入事例
・自治体 → 自治体の導入事例
・学校 → 学校の導入事例

 

ファシリテーター養成講座について

2030SDGsカードゲームのファシリテーターになりたいけどどうすればいいの?

ファシリテーター養成講座を随時開講しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

養成講座の期間は?オンラインで受けられる?

ファシリテーター養成講座の開催形式は、現在、フルオンライン講座3.5日間、もしくは、ハイブリッド講座(オンライン1.5日間、対面2日間)の2種類ございます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

養成講座の開催会場は東京のみで他地域での開催はないの?

対面を含む講座の開催会場は、東京都千代田区のイマココラボセミナールームになります。SDGsという多様なテーマを取り扱う講座であるため、色々な地域から多様な背景の方が応募されます。その多様性を体感していただくためにも東京での開催とさせていただいており、それ以外の地域での開催は現在予定していません。

 

イマココラボについて

イマココラボはどんな人が運営してるの?

イマココラボは様々なバックグラウンドを持ったユニークなメンバーで構成されています。こちらで紹介しています。

 

イマココラボの名前に込めた想いはどんなもの?

イマとは、いつかではなく、今から
ココとは、どこかではなく、ココから、つまり自分自身から
ラボとは、ラボラトリー(実験)のように、つまり完璧を待つのではなく気楽な気持ちで実験的に
コラボとは、こんな想いでコラボレーション(協働)しながら
つまり、今この瞬間の自分自身の行動や意識に気づきながら、シリアスになりすぎず気楽な気持ちで、そんな仲間と共に協働しながら新しい世界を創造していこう、そんな想いが込められています。

 

イマココラボはどんな想いで運営しているの?

イマココラボのコンセプトサイトをご覧ください。

 

イマココラボは他にどんなプログラムを提供しているの?

2030SDGsカードゲームを用いた研修の他、SDGsの社内浸透、個人の気づきを深め変容するリーダーシップ研修を対面、もしくはオンラインで行っています。
また、現在、2030SDGsカードゲームのオンライン版を開発しています。2020年冬頃にはオンラインでこのゲームが体験できるようになる予定です。オンライン版導入希望の方はこちらからお問い合わせください。

 

イマココラボと何か一緒にしたい!

イマココラボの社名には コラボ が入っています。
共にサスティナブルな世界を創り出す仲間として活動できたら嬉しいですね。ぜひ、メンバーにお声がけいただくか、お気軽にお問い合わせください。

 

最新情報SNSはこちら
最新情報はメールマガジン、Facebookページ、イベントページにて告知しています。
・メールマガジンの登録はこちら
・オフィシャルFacebookアカウントはこちら
・イベント開催状況はこちら