2030SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)

 

ゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」は17の大目標を我々の世界が達成していく、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。さまざまな価値観や違う目標を持つ組織や人々がいる世界で、我々はどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのでしょうか。

このゲームはSDGsの目標を1つ1つ細かく勉強するためのツールではありません。「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化やメリットがあるのか」を体験的に理解できるゲームです。
SDGsという言葉を聞いたことがない人やあまり興味関心がない人でも、ゲームが持つとっつきやすさと面白さで、知らず知らずのうちに熱中し、楽しみながらSDGsの本質を理解することができます。

>SDGsについて詳しく知る

 
参加人数は最小5人から最大で200人までプレイできるように設計されています。現実社会同様、関わるプレイヤーが多くなればなるほど、ゴールの達成は困難になります。

プレイ時間は1時間、ゲームの後の解説と振り返りが最短で1~1.5時間です。短時間でプレイが終わるので振り返りやダイアログに時間を使うことができます。

ゲームの様子はこちらの動画でご覧いただけます。

 

カードゲーム「2030 SDGs」のセミナー事例

環境省様

ユニリーバ様

ユネスコスクール永田台小学校様

ゲーム体験者の声

従来はSDGsの個別の課題それぞれにフォーカスしがちな自分がいた。ゲームをやってみて経済、環境、社会のつながりという全体像を感じられたことが一番大きな収穫。自社内でもやってみたい。またいろんな会社のトップ、経営層に近い人にもぜひやってもらいたい。

これまでもビジネスゲームは何種類か体験させて頂いた事はありますが、この2030SDGsは自己の利益中心の考え方だけではなく、自分も周囲も豊かになる為に必要な考え方が体感出来、終わった後も穏やかな気分で楽しめました。

まわり=環境や世界などに視点が移ると思考や行動が変わっていくのを実感しました。

単なるゲームにも関わらず、色々考えさせられましたし、いろんな気づきをいただきました。全員の方と直接話をしてなくてもなんだか最後には皆さんとの一体感を味わってました。他の参加者さんが言っている、地球を共有する感覚を疑似体験する、まさしくそうだなと思います。


 

イベントスケジュール

定期的に2030SDGsが体験できるイベントを開催しています。詳細はイベントスケジュールをご確認ください。

 

自分の団体・組織で行いたいという方へ

カードゲーム「2030SDGs」を自分の団体、組織やコミュニティで行いたい場合はこちらをご覧ください。

 


本カードゲームは株式会社プロジェクトデザインと共同で開発したものです。ゲーム制作ならびに開発についてのお問い合わせ、依頼はプロジェクトデザイン社に直接ご連絡ください。


 

カードゲーム「2030SDGs」に関するお問い合わせはこちらから

あなたも2030年の世界をゲームで体感してみませんか?現在予定されているイベントの一覧はこちらをご覧下さい。
残念ながらお住まいの地域での開催予定がない場合も、ある程度の集客が見込める場合は新しく開催をすることが可能です。お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
また、イマココラボでは、定期的にメールマガジンを配信し、SDGsの最新事例・活用情報やセミナー・イベントのご案内をお届けしています。配信をご希望の方は、メールマガジン登録フォームからご登録ください。