わたしたちの世界は今どんな状態なのでしょうか?
わたしたちの世界は持続可能なのでしょうか?

 

そんな風に、世界の状況について議論する時期は終わりました。
今世界に必要なものは行動です。

 

いつかではなく「イマ」から、どこかでではなく「ココ」から。
「ラボ」的な試みを「コラボレーション(collabo)」で。

 

いつかだれかに期待するのではなく、今ここにいる自分からはじめる。
たとえ不完全でもかまわない。

むしろ不完全であることが協業を引き出し、予測を超えた創発を生み出す可能性を生む。

 

私たちイマココラボは「個人と組織の意識変容」をさまざまな形で支援して参りました。

特に国連による合意がみられたSDGs(持続可能な開発目標)は、全地球レベルでの社会システムの変革を掲げています。このSDGsの世界観をゲームというわかりやすいツールを使って体験することは、これからの世界で重要になる社会システムの在り方と、視座・意識の変容を生み出す大きなきっかけとなります。

 

その中でも、SDGsの達成に向けて積極的な役割が期待されている企業向けには、ビジョン/中期経営計画、リーダーシップ/組織開発、社内浸透などさまざまなサービスを提供しています。

 

これからの世界をともにつくる仲間として、さまざまな方々とコラボレーションしていきます!

 

法人概要

法人名 一般社団法人イマココラボ
代表者 代表理事 稲村健夫
設立 2016年10月
所在地 〒102‐0084
東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム722

 

メンバー紹介

稲村健夫(Takeo INAMURA)

inamura

代表理事 / コンセプトデザイナー

1999年株式会社ジョブウェブの創業に参画。2003年からは取締役として、2年間で売上を3倍に引き上げ、資本施策・事業提携にも中心的に関与。

2005年からはeラーニングを提供するベンチャー企業の法人セールス部門にて、トップセールスとして活躍。2009年からは中国の現地法人の新規立ち上げに関わり、日中両国で150社以上のeラーニング研修コンサルティング、企画運営に携わる。

2012年には取締役副社長兼COOとして株式会社ドアーズの創業に参画し、同社の海外研修プログラムが「日本の人事部 HRアワード」でプロフェッショナル部門の最優秀賞受賞を受賞するなど、先進的な人材開発手法の開発に貢献した。

2015年からビジネスゲームを使った学びをファシリテートする中で、ゲームを使ったポジティブアプローチの力に気づき、20代からずっと関心のあった社会システムの在り方にこそ、ゲーム×ポジティブアプローチが機能すると考えてカードゲーム「2030SDGs」を共同開発。

2016年10月一般社団法人イマココラボを設立し代表理事に就任した。

 

村中剛志(Takeshi MURANAKA)

muranaka

Co-Founder / 真理の探究者

大学卒業後、日本アイ・ビー・エムに 入社。金融業界を担当するITエンジ ニアを経て、3年間イギリスに赴任。帰国後、8,000人の組織を率いる役員補佐を担当しグローバルオペレーションを学ぶ。その後、IBMビジネスコンサルティングサービスに参画し、翌年年間最優秀賞を受賞。2009年から4年間、中国上海に赴任し、1,000人の中国人をリーダーとして率いる。グローバルの最前線で戦ってきたが、近視眼的の目標達成サイクル、株主至上主義の行き過ぎた資本主義の限界を感じる。目標を達成して一瞬の喜びはあるものの、次の四半期は、また次の目標がやってくるこのサイクルを回し続けていても、自分自身、さらにはチームや組織、会社全体、さらには社会が幸せに向かっている感じがしなくなる。新たなマネジメント、経営、社会を創造する可能性を求めて2012年末に中国からの帰国後、17年働いたIBMを退職後独立。

2013年「一人ひとりの意識変容から共に望む現実を創り出す」というビジョンのもと、2013年に合同会社CCCを設立。企業の経営層やマネージャー向けに意識変容を促すリーダーシップ育成などを行う。2016年、仲間と共に一般社団法人イマココラボを設立。SDGs(国連が2015年に採択した持続可能な開発目標)を中心に個々の意識変容からその先の社会変革を起こすために活動する。ホラクラシー経営、Teal、応用脳科学、潜在意識、キネシオロジー、神智学/秘教など、真理の本質に興味を持ち多方向から探求中。

著書『「先読み力」で人を動かす』(2008年出版)は、5万部を超えるベストセラーに。韓国、台湾でも出版される。

 

鈴木宏和(Hirokazu SUZUKI)

suzuki

エバンジェリスト

京都大学工学部卒、三井住友銀行、KPMG FAS(Big4と呼ばれる国際会計事務所)を経て現職
地球温暖化に危機感を抱き、大学ではエネルギー科学を専攻

3.11以降、電力システム改革、大手電力会社・エネルギー会社等の再編に携わり、東京電力福島原子力発電所調査委員会(国会事故調)では「事故当事者の組織上の問題点」に関する調査・執筆活動を主導

KPMGでは14年間にわたり、企業再生及びM&A等に従事。日本航空の再生では、稲盛和夫氏による「利他の心」による経営再建を、財務アドバイザー(現場責任者)として支援。

人・組織・社会のTransformationが関心領域

 

平手喬久(Takahisa HIRATE)

hirate

プリンシパル / 地球の守人

大学卒業後にBARを経営した後、ネットベンチャーの経営企画室で人事・IR業務にかかわり上場を目指す。年商3億の会社を年商20億まで成長し、会社はネットバブル崩壊を機にバイアウトした。

その後、アクセンチュアやデロイトトーマツコンサルティングに転身し、大手製造業、物流、通信会社、精密機器メーカーなどの事業改革や、組織設計、人事制度設計、タレントマネジメントなどに寄与。2010年に独立し事業戦略の策定や業務改革、IT導入、人材教育支援など行いベンチャー企業の規模を5倍に導き、また大手企業のグループ37社の業務改革を2年で完遂し、運用コストを40%削減に導くなどの実績を上げる。

利益だけを追求していくビジネスに限界を感じ、社会や地球環境、そして今ココにいる人間に配慮した次世代の組織・社会を創りたいと願い一般社団法人イマココラボを設立。

共著『実践アカデミックディベート』なかにしや出版
社会生産性本部 ディベート大会 全国優勝 産経新聞社賞

 

お問い合わせはこちらから

サービスやイベントに関する疑問、質問など、各種お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。
また、イマココラボでは、定期的にメールマガジンを配信し、SDGsの最新事例・活用情報やセミナー・イベントのご案内をお届けしています。配信をご希望の方は、こちらからご登録ください。