SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。時々エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

この写真は、SDGsが採択されたときに、国連の壁にプロジェクションマッピングでお祝いをした模様を写したものです。カラフルで喜ばしい感じが伝わってきますね。

http://www.futureearth.org/sites/default/files/styles/slideshow_cropped/public/field/image/sdgs.jpg?itok=lHKnIS19&c=e71a4e636113ad863a15587e4c833193

 

17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

 

SDGsの17の目標

17の大きな目標の中身を少し見てみましょう。

この6つの目標を見ていると、貧困や飢餓、健康や教育、さらには安全な水など開発途上国に対する開発支援に見えます。

 

では次の7~12を見てみましょう。

 

この辺りになると、エネルギーの話、働きがいや経済成長の話も出てくれば、まちづくりの話まで出てきて、「おやおや。開発途上国の話ではないぞ。我々先進国にも関係ある話だな」というように見えてきます。

 

さらに、13~17を見てみましょう。

 

ここの辺りまで来ると、気候変動の話、海の話や陸の話まで出てくるので、開発途上国や先進国だけの話ではなく、もっと包括的な話になってきます。

SDGsが世界でこれだけの広がりを見せているのは、開発途上国だけではなく先進国も、働きがいや経済成長までも踏まえたものだからだと言えるでしょう。

 

SDGsの169のターゲット

それでは169のターゲットを見てみましょう。

サンプルとして「8.働きがいも経済成長も」を見てみようと思います(以下の表)。これ以外に17目標それぞれに同じようなターゲットが存在し、合計で169個あるので169のターゲットと言われています。

以下、雰囲気を感じ取っていただきたいだけなので、細かく見る必要はありませんよ。ちゃんと理解しようとすると嫌になってしまいますので飛ばしてください 笑

 

8.1 各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。
8.2 高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。
8.3 生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。
8.4 2030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10カ年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。
8.5 2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
8.6 2020年までに、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。
8.7 強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終わらせるための迅速で効果的措置の実施、最も劣悪な形態の児童就労の禁止・撲滅を保障する。2025年までに少年兵の徴募や利用を含むあらゆる形態の児童就労を撲滅する。
8.8 移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。
8.9 2030年までに、雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。
8.10 国内の金融機関の能力を強化し、すべての人々の銀行取引、保険、および金融サービスへのアクセス拡大を促進する。
8.a 後発開発途上国のための拡大統合フレームワークなどを通じて、開発途上国、特に後発開発途上国に対する貿易のための援助を拡大する。
8.b 2020年までに、若年雇用のための世界的戦略および国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。

 

中身を見てみると8.1のように「年率7%の成長率を保つ」という具体的な数値目標もあれば、8.3「中小零細企業の設立や成長を奨励する」という漠然としたものも含まれています。そのため、169のターゲットのさらなる詳細版である230の指標を策定することになりました。

ここで問題になったのが、例えば「8.9 2030年までに、雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。」と言った時、各国において何をもって観光とするか、など定義する範囲が異なっているものもあります。

そのため、230の指標をTier1(ティア1)、Tier2(ティア2)、Tier3(ティア3)の3種類に分けています。

  • Tier1・・・概念が明確、かつ国際機関等が基準設定があり、定期的に発表しているもの
  • Tier2・・・概念が明確、かつ国際機関等が基準設定があるが、定期的な発表に至っていないもの
  • Tier3・・・基準設定もされていないもの

Tier3に関しては今まで基準がなかったこともあり、現時点で確定しておらずさらに継続検討していこうとしていますが、このように全世界で同じ枠組みで考えよう、進めようとしているところがSDGsの素晴らしいところだとも言えます。

 

ちなみに2017年4月時点の230の詳細とTier1、Tier2、Tier3のリストはこちら(PDF/英語)を見てください。

また169すべてのターゲットはこちら(日本語)にまとまっています。アイコンをクリックすると詳細が出てきます。

 

世界におけるSDGsと達成状況

SDGsがパワフルなところは、この数値目標を定期的にモニタリングしていくことです。その進捗をモニタリングしていく枠組みとして、国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF:High Level Political Forum)というものがあります。

具体的にはSDGs達成に向けての進捗状況を各国が自分たちで報告を行うというものです。そのレビューが2017年7月に行われ日本も参加しました。ちなみに、その時の正式な資料はこちら(PDF/英語)にまとまっています。また、市民団体がまとめてくれた資料(PDF/日本語)も参考にしてください。

 

今回の進捗報告では、ピコ太郎さんがSDGsのPPAPバージョンを作り国連で披露したことでニュースでも取り上げられSDGsの認知度を上げるための一役を担ってくれました。

 

イマココラボでは、難しく思われがちなSDGsをカードゲームを通じて、楽しみながら体験を通じて学ぶために2030SDGsカードゲームを開発したのですが、そのカードゲームを体験していただいた多くの方が「全体で達成する目標が見える化されてたので自分自身の行動が変わった」と言います。

そして「実際のSDGsの達成状況は見える化はされていないのか」という質問もよくいただきます。これまでまとまった資料がなかったのですが、今回の報告に合わせる形でNPO団体によって以下の進捗状況がまとめられました。

この表では緑が達成で、赤に行くほど未達成を意味します。

 

このように世界の状況を一覧で見れることでOECD各国とアフリカでは大きな差があることが分かります。また、このように一覧で見れることで自分たちが何をしなければいけないかが明確になります。

ここではOECDとアフリカの2つのみを掲載していますが、他地域の進捗状況は各地域単位でまとめられているので詳細はこちら(PDF/英語)を見てください。

 

イマココラボでは、SDGsの世界観をカードゲームで体験できる「2030SDGs」を開発しました。カードゲームについて知りたい、体験できるイベントに参加してみたい、という方は以下をご参照ください。体験会については、様々な場所で実施されています。

 

それでは、次にSDGsのビジネス的な観点をご紹介していきます。

 

世界のビジネスセクターにおけるSDGs

2006年、国際が金融業界に対して提唱したものでPRIというものがあります。

PRIとは日本語では責任投資原則と言います(Principles for Responsible Investmentの略です)これは、世界の解決すべき課題を環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の3つの分野(総称してESGと呼ぶ)に整理し、ESGに配慮した責任ある投資を行うことを宣言したものです。

投資家からのESG投資への関心が高まりも踏まえ、1500以上の企業や組織がPRIに署名し、運用対象の資産合計が60兆ドルに達しています。つまり、60兆ドルがESGに配慮した企業に投資していこう、というものです。

これは投資家が、短期的な収益だけではなく、中長期的企業価値、つまりSDGsの達成に貢献している企業がESG投資の対象になるという考え方が浸透しつつあるということです。

投資家側から圧力がかかった、今まさに起こっているビックリするようなアメリカでの事例をこちらにまとめました。ぜひ見てみてください。

ビックリするようなアメリカでの事例

 

 

日本におけるSDGs

まず、日本政府におけるSDGsの動きを見てみましょう。

日本では2016年5月20日、安倍総理が本部長、すべての国務大臣がメンバーになり、第1回「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合」が開催され、続く2016年12月22日に第2回が開催されました。

その中で以下のように述べています。

「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。

今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。

一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。

二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。

三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。

来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。

出典:首相官邸

日本はSDGs関連に9億ドルの支援、30億ドルの取り組み、日本円にして合計約4000億円を投資すると言っています。

もちろん、多くのものがこれまで取り組んでいたものを改めてSDGsの枠組みで表現しなおしているのだと思いますが、首相自らこのような宣言をすることは大変意味があり、日本のSDGsに対する姿勢を表しているものだと言えます。

それでは、日本のビジネスセクターの動きを見てみましょう。

 

日本のビジネスセクターにおけるSDGs

我々の年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、2015年9月28日に、前述したPRI(国連が定めた責任投資原則)に署名しました。GPIFは運用資産額は126兆5771億円で、世界最大級の投資ファンドと呼ばれるアブダビ投資庁(約90兆円)をもはるかに上回る規模です。

どういう意味かと言うと、日本でも世界の動きに連動し投資家の視点からもSDGsの達成に貢献していこうとする企業へのESG投資がさらに高まっていっている、ということです。

実際に日本でESG投資を行っている投資家の方とお話しする機会があって聞いてみたのですが、SDGsの達成に貢献する企業に対してESG投資をしたいと思っているが、見合う企業をなかなか探せない、という感じのお話しをされていました。今こそSDGsの達成に向けた企業活動こそが、良質の投資を受ける機会につながっていくのでしょう。

また、2017年11月8日、経団連は会員企業向けの行動指針「企業行動憲章」にSDGsの理念を取り入れるよう7年ぶりに改定しました。その中で「持続可能な社会の実現をけん引する役割を担うことを明示した、極めて重要な改定」と位置付けています。これに伴い、すでに多くの上場企業がSDGsの理念に伴った取り組みを始めています。

そこで、さらに日本企業における状況を見て行きましょう。

 

日本企業におけるSDGs

GCNJと公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)により作成された「動き出したSDGsとビジネス~日本企業の取組み現場から~(PDFダウンロード)」によると、SDGsの認知度は総じて高く、CSRレポートでSDGsに言及したものが2015年にくらべて2016年は圧倒的に増えており、CSR担当者の認知度は84%に達しています。一方で、経営層の認知度は28%に留まり、中間管理職においては、4~5%程度に低迷しています。

日本企業でもSDGsに対して積極的に取り組む企業が増えていますが、多くの企業は未だCSRの一環としてSDGsを捉えている、といのが現状のようです。

一方でSDGsをビジネスチャンスとして捉えた企業が注目を浴び、環境や社会に配慮した優良企業というイメージアップにもつながる好循環も生まれています。

イマココラボでも、事例を順次ご紹介していこうと思いますので、事例を知りたい方はぜひ以下の事例一覧を参考にしてください。

企業のSDGsの取り組み事例一覧

 

また、無料メルマガでも定期的に紹介していますので、ご興味がある方はぜひこちらから登録してください。

ちなみに、上に紹介した「動き出したSDGsとビジネス~日本企業の取組み現場から~(PDFだダウンロード)」は、企業がビジネスとしてどのようにSDGsに取り組んでいくか、日本企業のべ250社へのアンケートや聞き取り等をもとに、現状での取組みに関する実態を明らかにしているもので、大変参考になるのでぜひ読んでみてください。

また、SDGs Matrixでは、SDGsの達成に向けた世界各国の多くの企業の取組みや事例が紹介されています。こちらもぜひ参考にしてください。

企業がSDGsに取り組むステップ

国際的に普及して多くの企業で活用されている「SDGs Compass」の日本語訳が2016年3月に公開されたこともあり、日本の多くの企業がこちらを参照しながらSDGsに取り組み始めています。

ぜひ、この「SDGs Compass」からダウンロードして活用していただければ、SDGsを企業内に取り入れるための多くのことを学ぶことが出来ると思いますが、どのようなステップで取り組むことが効果的か以下に簡単に記載してみます。

  1. SDGsを理解する
  2. 優先課題を決定する
  3. 目標を設定する
  4. 経営へ統合する
  5. 報告とコミュニケーションを行う

 

◇ステップ1.SDGsを理解する

SDGsとは何か?ということを社員が知るステップです。まさにこのWebページのような内容と共に、企業がSDGs達成に貢献することにより、新たな事業成長の機会を見出し、事業リスクを下げることが出来るという論理的根拠を理解するフェーズです。

 

◇ステップ2.優先課題を決定する

自社事業のバリューチェーンを作成し、SDGsで言うそれぞれの課題がポジティブもしくはネガティブな影響を与えている可能性が高い領域を特定することで、事業機会や事業リスクを把握していきます。それは、17のSDGsすべてが各企業にとって等しく重要ではないためです。つまり、最大の効果が期待できる領域を俯瞰的に把握するために行われます。そして、その領域で指標を選択し、データ収集を行うことで、精度が高い優先課題を決定することが可能になります。

 

◇ステップ3.目標を設定する

目標におけるKPI(主要業績評価指標)を設定します。その目標は、SDGsにネガティブな影響を抑制するだけではなく、ポジティブに貢献するものであったり、自社のみならず、バリューチェーン全体を向上させる機会をも提供する目標であるかもしれません。また目標は、控えめなものより、大胆で意欲的なもののほうが業界全体に対する大きな影響や自社のコミットメントによる宣伝効果、さらにイノベーションやクリエイティビティを促進させる効果もあります。

 

◇ステップ4.経営へ統合する

設定した目標や取り組みを自社の中核事業に統合し、ターゲットをあらゆる部門に取り込んでいきます。そのためには、やはり、経営トップや幹部の積極的なリーダーシップがカギになります。また、なぜ取り組むことが重要なのか、それが会社として発展につながるという論理的根拠を明確に伝える必要があります。さらに、あらゆる財務目標、戦略目標、部門や個人の業績目標にも体系的に組み込み、その意欲をビジョンやミッションに明記した文章に反映させることも重要です。

 

◇ステップ5.報告とコミュニケーションを行う

SDGsはステークホルダーにとって共通の枠組みで共通言語であるため、SDGsに関する進捗状況を定期的に、ステークホルダーに報告し、コミュニケーションを行うことが重要です。

 
いかがでしょうか?

 
とは言っても、いきなり事業の中核にSDGsを置くことはなかなか難しいという声をよく聞きます。

そこで、次の項目で社内でSDGsを浸透させる第一歩として、ビジョン策定や中期経営計画でSDGsカードゲームを利用した事例や、視座を高めリーダーシップを開発する一部としてSDGsを活用した事例をご紹介します。

 

企業のSDGs導入事例


バックキャスティングで発想する組織へ「ビジョン&事業計画策定プロジェクト」

現状の延長線上にある未来ではなくバックキャスティングからビジョンを創造し、事業計画を策定した事例です。

詳しく見る


SDGs的な視座を高め主体性を発揮するリーダーシップ3.0

1.SDGs的視点の高い視座、2.自部門を越えた横連携、3.自分を見つる内発的動機からの行動、この3つを目的とした合宿型研修の事例です。

詳しく見る


体験を通じた腹落ち感 ~某メーカーのSDGs浸透への第一歩~

楽しみながら本質をつかむ。SDGsを社内に浸透するための入り口としてSDGsカードゲームを利用した標準的なアプローチをまとめた事例です。

詳しく見る

>企業導入事例をもっとみる

 


いかがでしょうか?

ここまで理解していれば、あなたも立派なSDGs推進者の一員です。

 

イマココラボでは、難しく思われがちなSDGsをカードゲームを通じて、楽しみながら体験を通じて学ぶことで、企業、学校、団体やコミュニティーに浸透し、持続可能な豊かな世界を創造しています。イベントを定期的に開催していますので、ご興味がある方はぜひ遊びに来てください。

近くでのイベントがない、タイミングが合わない場合などは、無料メルマガでカードゲーム体験会の開催案内やSDGs事例紹介などの情報発信も行っていますのでぜひ登録してください。

特に、SDGsの達成に向けて積極的な役割が期待されている企業向けには、ビジョン/中期経営計画、リーダーシップ/組織開発、社内浸透などさまざまなサービスを提供しています。

ぜひ、望む現実を共に創造していきましょう!!

 

イマココラボのSDGsに関するサービスはこちら

 

SDGsに関する参考になるリンク集

以下にSDGsに関する参考リンクをまとめました。上記にすでに紹介したものも含まれますが、SDGsの目標達成を進めるためにご参考ください。

 

Tier Classification for Global SDG Indicators(PDFダウンロード)・・・17の目標の下にある169のターゲットのさらに詳細である230の指標の一覧とTier1から3の分類(リンク先:国連Statistic Division)

SDGsに関する日本の現状と政策・実施メカニズムのあり方(GoogleドライブのPDF)・・・日本のSDGsの進捗状況を2017年7月に国連に報告した内容。(リンク先: SDGsジャパン) ※外務省が報告した英語版はこちら(PDFダウンロード)

SDG Index & Dashboards Report(PDFダウンロード)・・・すべての国のSDGsの進捗状況の一覧(リンク先:sdgindex.org、フルバージョンもあり)

動き出したSDGsとビジネス~日本企業の取組み現場から~(PDFダウンロード)・・・企業がビジネスとしてどのようにSDGsに取り組んでいくか、日本企業のべ250社へのアンケートや聞き取り等をもとに、現状での取組みに関する実態を明らかにしています。(リンク先: GCNJ)

SDGs Compass・・・企業がSDGsを経営戦略と整合させ、SDGsへの貢献を測定し管理していくかに関しての指針、ステップが紹介されています。かなり実践的です。(リンク先:GCNJ)

SDG Matrix・・・SDGsの達成に向けた企業の取組みや事例を紹介されています。世界各国の多くの企業事例が掲載されています。(リンク先:GCNJ)

Better Business Better World(日本語要約版)・・・2017年1月に世界経済フォーラム(ダボス会議)でSDGsに関連する調査・データ。その中で「SDGsが達成されることで、食料と農業、都市、エネルギーと資材、健康と福祉の4分野において、2030年までに少なくとも12兆ドルの経済価値がもたらされ、最大3億8000万人の雇用が創出される可能性がある」と指摘されたことでも注目されている。(リンク先:Business Sustainable Development Commission) ※英語版のフルバージョンはこちら

サービスやイベントに関する疑問、質問など、各種お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。
また、イマココラボでは、定期的にメールマガジンを配信し、SDGsの最新事例・活用情報やセミナー・イベントのご案内をお届けしています。配信をご希望の方は、こちらからご登録ください。