2030SDGsがニューヨーク国連本部で開催されました

2019年4月8日、2030SDGsをニューヨークにある国連本部で、日本代表部の主催で2030SDGsカードゲームを使ったワークショップを実施させていただきました。また翌9日には日本代表部にて各国の外交官や国連事務局、関連組織の方々向けに開催しました。

ニューヨークでは合計3回実施したのですが、一番印象的だった回はニューヨーク国連本部で働く各国から来ている外交官向けでした。

ゲームイベント冒頭でSDGsをどの程度理解しているのか、ボディースケールで0~100%で表現してもらったのですが、参加者25名程度全員が100%でした。当たり前です、国連でSDGsをリードする立場で働いているわけなので笑

それでもゲームイベントが終わった後の参加者の方の感想が印象的でした。それは、

SDGsの専門家として国連で仕事をしているが、1つのトピックに対して深くやっているので、ついついサイロ(情報等が連携されていない孤立した状態)に入って視点が狭くなっていた、193か国が全会一致でSDGsを採択した意味、本質を思い出させてくれた。

というものでした。

このゲームのパワフルなところは、本質を楽しみながら伝えられるところです。それも、SDGsという言葉を初めて聞いた人から、国連でプロとして働く人に対してもその本質を体験を通じて届けることができます。

イマココラボを立ち上げて3年弱、まさか国連本部でプロに対してゲームイベントを行う日が来るとは思いませんでした。そんな機会をいただけた日本代表部のみなさまに感謝です。

 

終了後、数時間後には日本テレビで放送されるなど、SDGsに対する注目度の高さを改めて実感しました。また、たくさんのメディアにとりあげていただいたのでいくつかご紹介させていただきます。
 

▼日本テレビ(映像1分15秒)
アメリカ・ニューヨークの国連本部で8日、世界各国の若者が、日本生まれのカードゲームを通して、国連が掲げるSDGs(=持続可能な開発目標)をどのように実現するか体験した。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190409-00000121-nnn-int

▼朝日新聞
「誰も取り残さない」には 日本製ゲームで学ぶSDGs
https://www.asahi.com/articles/ASM493SD9M49UHBI00S.html?fbclid=IwAR1A3OJF0_dtHzDCuOCxNlw8m2ys6HQd-EkaZrqpDl-vlwQQ2CoqNz52jdU

▼日本経済新聞
「国際交渉、カードゲームで体験 国連で外交官競う」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO43555470Q9A410C1000000?s=1&fbclid=IwAR3DnzOofwGO91v2CDuV9K5sfmdULeL3NPtLeWuVn9wFtERmfGLxSO__I54

▼共同通信
「日本政府、国連でゲーム体験会」 持続可能な開発を「体感」
https://this.kiji.is/488266324515996769?fbclid=IwAR2N1yFYOEeRRPRgkJb7q79e0f9ahD5Vza3HW0wKGevxmtwbSs2sW5HiwPM