オンラインワークショップ「Transforming our World~我々の世界を変革する」のご案内

イマココラボでは2030SDGsゲームを用いたワークショップを中心に、様々な組織や企業にSDGsの本質をお伝えし、その意識変容をベースとした行動変容をファシリテートしてきました。

 

2030SDGsゲームは、SDGsの本質をつかむ上でとてもパワフルなツールですが、カードを交換したり、お互いにコミュニケーションをとったり、という参加される方相互のやりとりが学びを深める上で欠かせません。
そのため、ご参加の方にお集まりいただく形で実施する必要があります。

しかし現在、新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、「対面での集合研修が実施できない」「オンラインでSDGsの本質を理解するための方法はありませんか」というご相談を数多くいただくようになりました。

 

そういう観点では新型コロナウィルスは私たちに様々な制約をもたらしました。
その一方で、例えば「一か所に集まって業務に取り組む」というこれまでの前提が崩れ、世界がまさに変容しようとしている、と捉えることもできます。

そして「この大きな変容のタイミングでこそ、SDGsへの深い理解を醸成し、本質的なアクションを事業の中から生み出す機会としたい」という熱意ある声も多くいただいています。

 

そんな声にお応えする形で、これまで培ってきた経験値・ノウハウをベースに、SDGsのひとつのエッセンスである「Transforming our World~我々の世界を変革する」について、参加者ひとりひとりが自分に引き寄せるようにつかむことを意図して、オンラインワークショップをデザインしました。

 

ご参考までに、実際に導入された企業の参加者アンケートでの声を一部ですがご紹介します。

ご参加の方のアンケート(抜粋)

「私も起点という考え方が大切だと感じました。そう考えることで新しい取り組みをすることが必要だと感じたり、普段やっていることの意義を実感することができます。」

「一番の驚きは、企業活動におけるSDGsの観点が思いのほか広がってきているということです。 消費者の視点だけでなく、企業活動においても、サスティナビリティをより意識した活動の必要性を感じました。」

「SDGs は環境保護や子供の権利など社会問題だと考えていたが、如何に自分をTransformできるかという行動心理がテーマなんだと気づかされた。」

「初めてのリモートによる研修でしたが、距離感を感じないものでした。特にグループ別のディスカッションでは有効な時間を過ごすことが出来ました。」

 

上記はほんの一部ですが、参加された皆さんがそれぞれに学びや気づきを得て、行動へのエネルギーが高まっていることを感じていただけるのでは、と思います。

このワークショップはオンラインに特化し、オンラインだからこその可能性を引き出したプログラムになっています。
下記の【こんな方・組織にオススメ】にあてはまるなら、間違いなくその効果を実感いただけます。

 

【こんな方・組織にオススメ】

  • SDGsについて、知識の有無にかかわらず興味関心がある
  • SDGsのやり方を調べたが、義務感ばかりが高まっていて動かない
  • 組織内で自発的にSDGsに向けて動ける人材を発掘したい
  • SDGsについて学びたいという声があるが、対面形式での研修が実施できない
  • 新型コロナウィルス禍をTransformの契機だと捉えている
  • 自分のあり方に意識を向け、仲間と対話する時間を持ちたい

 

【ワークショップの流れ(例)】

  1. 導入/アイスブレイク
  2. Transforming Our Worldとつながっている世界
  3. 持続可能性への潮流とSDGsの根底にあるもの
  4. 私たちの小さなTransform:ひとりひとりの一歩目

 

ご関心がおありの方には、詳細をご案内いたします。
下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


サービスに関するお問い合わせはこちら

企業や団体での詳細な事例があります。お気軽にお問合せください。