SDGsは待ったなし!

欧米ではSDGsを事業の中核に据え、そこからビジネスモデルを再構築する企業も少なくありません。しかし、日本企業ではSDGsに関する意識は低いまま。SDGsを浸透させたいと思っていてもそれ以前にSDGsという言葉を知らない社員もたくさんいるような状態かもしれません。

イマココラボでは、SDGsのカードゲームを入り口にSDGsを社内に浸透のためのお手伝いをいたします。

弊社が開発したカードゲームは、日本で初めてビジネス文脈でSDGsがテレビで紹介されたテレビ東京のワールドビジネスサテライトのSDGs特集でも紹介された今、各所で話題の日本発のSDGsカードゲームです。

 

よくある企業担当者の悩み

企業内のSDGsを推進する方々から、寄せられる悩みの一例です。

  • 経営層からSDGsを会社の中枢に据える方針が出ている。座学だけでは自分事にならない感じがあり、社内への普及、浸透をいかに実現するかに課題がある。
  • SDGsを事業と関連づけて推進する必要があるが、世界観が抽象的でなかなかピンとこない。自社の社員がいかに自分の事業との関連づけを行うことができるか。
  • CSRで色々な企画や研修を行っているが、現場からは「正しいことを言っているが、ビジネスとどんな関係があるのか?」となかなか協力を得られない。
  • 現状のビジネスは先細っていくので、次のビジネス創造が必要。新しい視点や観点を踏まえて新規ビジネスを創造していく必要があるが。

など

 

社内浸透を実現するアプローチ例

SDGsの社内浸透を実現するためには、このようなステップを踏むことが効果的です。こちらはある大手メーカーでの取り組み例です。関係グループ各社への展開を見据え一部門でトライアルを実施後、自社の風土や課題に合わせたカスタマイズを行った上で、他部門への横展開しました。

 

事例紹介:体験を通じた腹落ち感 ~某メーカーのSDGs浸透への第一歩 ~

この事例はある上場企業の大手メーカーがSDGsを事業の中心に据えていくため、現場への浸透の一手としてSDGsカードゲームを使ったイベントを行ったものをまとめています。

経団連が会員企業向けの行動指針「企業行動憲章」にSDGsの理念を取り入れるよう改定するという流れの中、経営を後押したこともあり、このメーカーではSDGsを事業の中心に据えていくことが決まりました。

そんな中、若手のCSR担当の方は改革のうねりをボトムアップでサポートしていきたい、とのことで2030SDGsカードゲームが何か社内で使えるのではないか、ということでイマココラボの体験イベントに来てくださいました。

カードゲーム体験後、「ぜひ、うちのCSRイベントでやりたい」とのことでこのプロジェクトがスタートしました。

続きはこちら

 

SDGsの社内新浸透についてもっと知りたい方へ

SDGsの社内浸透について、ご興味のある方は今後のイベント開催予定からイマココラボ主催「企業内でSDGsを推進する方、人材育成する方のためのセミナー」にお申込みください。もしくは下のお問い合わせフォームから個別にお問い合わせしてください。

今後のイベント開催予定

⇒「企業内でSDGsを推進する方、人材育成する方のためのセミナー」を選択

 

お問い合わせはこちらから

サービスやイベントに関する疑問、質問など、各種お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。