ゲームで体感する『TEAL組織』の本質〜2030SDGs× レゴ® シリアスプレイ®×U理論〜
2019年10月26日(土曜日)開催
東京都 ゲーム体験あり

ゲームで体感する『TEAL組織』の本質〜2030SDGs× レゴ® シリアスプレイ®×U理論〜

イベント概要

「これからの組織のあり方」を示して注目を集めた『ティール組織』発売から1年余り。 日本各地で、自然発生的に多くの勉強会・読書会が開催されたり、数多くの賞を受賞したりするなかで、日本社会においても少しずつ広まっていっています。 しかし、ティールを始めとする新しい世界観(パラダイム)の実践は、 探求すればするほど味わい深くすぐに答えが出るものではなく、また座学では理解が難しい一面もありSDGsと共通のところがあります。 そこで今回、TEAL組織をテーマに2030SDGs、レゴ®シリアスプレイ®を用いて、U理論のプロセスに沿ってTEAL組織を体感していくワークショップを開催します。 TEAL組織に関心のある方はぜひご参加ください。(興味があるけどそんなに知識がない方も安心してご参加ください)

開催日
2019年10月26日(土曜日)
時間
13:00-17:30
会場
はぁもにぃ保育園(JR埼京線浮間舟渡駅徒歩3分)
住所
東京都 東京都板橋区舟渡 1-14-23 ルーエ浮間舟渡1F
主催
Gift&Share合同会社/未来創造サポート
参加申し込みはこちら

※変更、キャンセルなどはこちらから主催者へ直接お問い合わせください。

「これからの組織のあり方」を示して注目を集めた『ティール組織』発売から1年余り。
日本各地で、自然発生的に多くの勉強会・読書会が開催されてきました。その草の根の動きも新しい現象であり、国会でとりあげられたり数多くの賞を受賞したりするなかで、日本社会においても少しずつ広まっていっています。

しかし、ティールを始めとする新しい世界観(パラダイム)の実践は、 探求すればするほど味わい深く、すぐに答えが出るものではありません。 どの実践者も試行錯誤を繰り返し、独自のやり方を見出そうと模索し続けています。

そんななか、2019.9.14、ティール探求者が一堂に会する大規模カンファレンス「ティール・ジャーニー・キャンパス」が開催され、TEAL組織著者のフレデリック・ラルーさんが来日し、

------------
1.目的は探すのではなく、目的から来てくれるもの(降ってくるもの)
・大切なのは「人生の目的は何か?」の問いではなく、「今の私がこの瞬間、何をするのが最も意味があるのか?」ということ。
・今はある作家の言葉で「長いことこうあるべきという人生を生きてきた。ただそれよりも大切なのは自分に生きられたいこと。私を通して生きたい人生を生きる」。この言葉を今は大切にしている。
・重要な決断をするときも、耳を澄ませて私が私をどう生きることがいいのかを感じることが大切。

2.目的を受け取れる準備をしておくことが重要。そのためには自分に耳を澄ませる。
・頭で考えることも多少役に立つが、それよりも身体が気づく。
・身体や直感や心が先に決め、頭がそのあとに分析する。この順番でPurposeに気づくべき。
・ただし、耳を澄ませても人生のラジオがガヤガヤとハッキリ聞こえないことも多く、そのときは「人生は私に何を呼びかけているのか?」に意識を向ける。瞑想、チャネリング、物の配置をいじる等が自分に意識を向ける手段としてある。
------------

といった話がありました。

といった話がありました。

ティール組織』の著者が語る、個人と組織が「Purpose」に向き合う“本質的な方法”とは?

ラルーさんの話を聞いているうちに、「Transforming our world(我々の世界を変革する)」を掲げたSDGsとTEAL組織が近いのではないかと感じ、SDGsの取組の最初のキッカケとして、20ヶ国10万人以上が体験し、2019年4月にはニューヨーク国連本部でも実施されたされた「2030SDGsカードゲーム」を通じ、TEAL組織も体感することが可能ではないかと考えました。

カードゲーム「2030 SDGs」は、多様な価値観や違う目標を持つ人がいる世界で、私たちはどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのか。「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「SDGsによりどんな変化や可能性があるのか」を、ゲームが持つ面白さと最終的にみんなで一つの社会を実現していくという過程の中で、知らず知らずのうちに熱中しながらSDGsの本質を理解することができ、この過程がTEAL組織とは何か、なぜ必要とされるのかも体感できます。

そして、ラルーさんがTEAL組織の実現に向けた方法として例示された「U理論」のプロセスに沿って振り返りながら、ゲーム体験と現実の組織と対比して理解を深めていきます。

そして、そのあとは思考から離れ、体感覚から自分の声に向き合うワークを「レゴ®シリアスプレイ®」を用いて、実際に形にしていきます。

開催場所は、普段とは少し雰囲気を変え、未来の可能性あふれる子供たちが過ごす保育園にしました。

新しい組織の概念であるTEAL組織、それをこの可能性あふれる保育園という場所で体感していきましょう。

本ワークショップは、知識を学ぶではなく、体感からTEAL組織を感じる内容となりますので、詳しくない方もお気軽にご参加ください。

-------------

【日時】
 10月26日(土)13:00~17:30

【場所】
 はぁもにぃ保育園(JR埼京線浮間舟渡駅徒歩3分)
 東京都板橋区舟渡 1-14-23 ルーエ浮間舟渡1F

【参加費】
 7,000円

【内容】
 ・TEAL組織、U理論の概要説明
 ・2030SDGsワークショップ
   ⇒ゲーム体験からTEAL組織を考える
 ・レゴ®シリアスプレイ®
   ⇒体感覚から自分の声に向き合う

-------------

【主催者/ファシリテーター】

Gift&Share合同会社代表

佐藤 彰(Akira Sato)
・2030SDGs公認ファシリテーター
・SDGs de 地方創生公認ファシリテーター

3つのSDGsカードゲームのファシリテーターとして、主に大企業を中心に、省庁、自治体、大学、高校等からオファーをいただき、100回近く2,000名以上を対象にカードゲームを用いたSDGsワークショップ(研修)を開催。
企業人事の経験から、SDGsの理解促進の他に、リーダーシップ・コミュニケーション・組織開発等の研修に強みを持ち、SDGsワークショップと合わせて上記テーマを実施するケースも多い。
2030SDGsファシリテーター養成講座のアセッサーも務める。


未来創造サポート 代表
一般社団法人 日本あんしん生活協会 代表理事
寺島 義智(Yoshitomo Terashima)
・2030SDGs公認ファシリテーター
・VIA認定プラクティショナー(U理論)
・LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター
・Strategyzer社 Business Model Canvasマスタークラス修了

組織開発やミッションやビジョンの創出・SDGsの導入・ビジネスモデル作成・商品開発・健康経営など、企業やコミュニティが抱える問題や課題に対して、ワークショップを活用し解決へのサポートをおこなっています。約年80回、オープン開催、企業、学校、自治体、JICAなどでワークショップをおこなっています。