【第二弾】宇宙の視座で考える【12/18(土)東京・八王子】カードゲームでSDGsの本質と変革のヒントを探ろう!
2021年12月18日(土)開催
東京都 ゲーム体験あり

【第二弾】宇宙の視座で考える【12/18(土)東京・八王子】カードゲームでSDGsの本質と変革のヒントを探ろう!

イベント概要

宇宙の視座を使った新しい試みです【3つの効果】(1)なぜSDGsが必要なのかがわかる(2)本当に起こすべき行動に気づく(3)助け合える仲間が見つかる 【対象】SDGsに関心のある一般の方、学校・教育関係者、企業および行政の方

開催日
2021年12月18日(土)
時間
14:00~16:30
会場
SOHOプラザ八王子東町:貸し会議室
住所
東京都 八王子市東町10-3
主催
株式会社SpacePLAN-K
参加申し込みはこちら

宇宙の視座で考えるとは

よく「先の事を考えよう」とか「周りも気にしよう」とか言います。それは自分にとって数年先の事あるいは会社や地域の事に対してかもしれません。

同じようにSDGsは「2030年の世界の事」に目を向けています。そして約10年先の事は何とか見通せそうなので、身近な出来事や情報から、SDGsの達成に向けて自分の行動を決めているのかもしれません。

しかし2030年よりもっと先はどんな世界になっているのでしょうか?SDGsの延長線だけで十分なのでしょうか?もちろんそれでも良いのですが、全く違った視点で眺めてみると新たな気づきが生まれるかもしれません。

そこで少し大胆に「地球の外から眺める空間感覚」や「時代を超えた時間感覚」でみなさんの考えを深めてみてはいかがでしょうか?科学に基く宇宙の知見は「より広域的で、より長期的な視座」を与えてくれます。

このワークショップでは、元JAXA(宇宙航空研究開発機構)職員がファシリテーターとなって、あなたの心を揺さぶります。

(2021年10月開催の様子)

ワークショップで得られるもの

「2030SDGsゲーム」と「宇宙の視座を使った振り返り」で3つの効果が得られます。

  1. なぜSDGsが必要なのかがわかる
  2. 本当に起こすべき行動に気づく
  3. 助け合える仲間が見つかる(参加者同士の交流から)

実施要項

■ 日時
2021年12月18日(土)14:00~16:30(13:50開場)

※冒頭のルール説明を聞けないとゲームに参加することが難しくなるため、遅くとも14:10までにはお集まりください。

■ 会場
SOHOプラザ八王子東町:貸し会議室(東京都八王子市)
JR八王子駅北口から徒歩4分
https://valiant-group.jp/space/#access

■ 定員
16名(最低実施人数:5名)

※12月3日(金)13時の時点で参加者が5名に満たない場合は、ゲームを進行できないため開催を延期します。また延期となった場合は一旦キャンセル扱い(手数料なしでご返金)となります。なお、延期のご連絡はPeatix経由で行います。ご了承ください。

■ 対象
SDGsに関心のある一般の方、学校・教育関係者、企業および行政の方

■ 参加費
3,000円

■ タイムテーブル
13:50 開場
14:00-15:20 2030SDGsゲームプレイ
15:20-16:30 振り返り

■ ご協力のお願い
・ご来場前の検温
・会場内でのマスク着用
・会場入口でのアルコール消毒

※ご協力いただけない場合や、咳等の感染症を疑われる症状のある方は、ご入場をお断りすることがございます。

■ お申込み
Peatixからチケットをご購入ください。
支払い方法はクレジットカードのみです。
口座振込をご希望の方は、主催者までお問い合わせください。

■ キャンセル、領収書について
止むを得ない事情によりキャンセルする場合は、主催者にお問い合わせください。
※所定の手数料が発生する場合があります。

領収書が必要な方は、Peatixの受付メールからダウンロードが可能です。
※詳細はこちらをご覧ください→ https://goo.gl/hhn6kH

■ ファシリテーター
國方則和(くにかたのりかず)
・株式会社SpacePLAN-K 代表取締役
・2030SDGs公認ファシリテーター
・元JAXA宇宙教育センター主任

■ 主催
株式会社SpacePLAN-K
https://www.spaceplan-k.jp/

■イベントについての問い合わせ先:メールアドレス  info@spaceplan-k.jp