SDGs 自分と世界の繋がりを体験しよう! ~2030SDGsカードゲーム体験会~ @帯広
2019年12月15日(日曜日)開催
北海道 ゲーム体験あり

SDGs 自分と世界の繋がりを体験しよう! ~2030SDGsカードゲーム体験会~ @帯広

イベント概要

SDGsって何? なぜ今SDGsが必要なの? 私たちの日々の生活とどのように関係があるの? そんな疑問に対してゲームを通じて楽しみながら、世界と私たちの繋がりを体感して頂きたいと思っています。十勝から世界へと繋がる機会になります。

開催日
2019年12月15日(日曜日)
時間
14:00-17:00
会場
とかちプラザ
住所
北海道 帯広市西4条南13丁目1番地
主催
芳賀雅樹
参加申し込みはこちら

※変更、キャンセルなどはこちらから主催者へ直接お問い合わせください。

最近、テレビや新聞などでも取り上げられているSDGs(エスディージーズ)。
言葉は知らなくてもSDGsのカラフルなロゴマークを一度はどこかで目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

「SDGs」とは、2015年に国連が全会一致で採択したSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。

「貧困をなくそう」「人や国の不平等をなくそう」「気候変動に具体的な対策を」といった17ゴールと、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

日本でも環境省や外務省など省庁の動きに続き、昨年秋には経団連の「企業行動憲章」がSDGsを前面に押し出した形で改定されました。また、2018年6月にはSDGs達成に向けた優れた取り組みを提案する29の自治体が「SDGs未来都市」として選定されるなど、いま急速に注目が集まっているのがこのSDGsです。
企業ではESG投資、学校ではESD(持続可能な開発のための教育)や新学習指導要領でも注目されています!
ESG投資もESDも突き詰めていくとSDGsにたどり着きます。

SDGsって何?なぜ今SDGsが必要なの?どうしてこんなに注目を集めているの?といったことをお伝えしながら、壮大で意欲的な目標であるこのSDGsを、ゲームを楽しむことを通して体験していきましょう。どなたでも楽しめる内容です。ぜひ遊びにいらしてください!

開催概要

ゲーム名:2030SDGsカードゲーム
こんな方におススメ!
☆ SDGsや持続可能な世界、世界の潮流に興味がある方
☆企業・団体内で活用したい方
☆学校教育で活用したい方
☆自治体で活用したい方
☆SDGsゲームの場を持ちたいという興味を持っている方
☆ただ体験してみたい!という初めての方

=====
日時:2019年12月15日(日) 14:00~17:00
13:45     開場
14:00‐15:30 イントロダクション/ゲーム説明/SDGsゲームプレイ(90分)
15:30‐17:00 振り返り(90分)
※冒頭のゲームのルール説明を聞けないとゲームへの参加が難しいため、遅くとも14:10 までにお越しいただける方限定にさせていただきます。

場所: とかちプラザ4F 講習室402
    (〒080-0014 北海道帯広市西4条南13丁目1番地)

定員:48名(要申込)
参加費:一般 3,000円、大学・専門学校生 1,000円(当日支払、高校生以下は無料)

主催・講師: 芳賀 雅樹 2030SDGsカードゲーム公認ファシリテーター

※参加希望の方は、こちらの申し込みページよりお手続きください。

もしくは、①参加者氏名、②ご所属・ご職業、③連絡の取れるメールアドレスを記載してhaga_obihiro_jc@yahoo.co.jpまでご連絡ください。


イベントに関するお問い合わせはこちら

残念ながらお住まいの地域での開催がない場合も、ある程度の集客が見込める場合は新しく開催をすることは可能です。お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。