7/17pm SDGs×仏教 (SDGsゲーム体験あり)経営者の為のセミナー
2019年07月17日(水)開催
東京都 ゲーム体験あり

7/17pm SDGs×仏教 (SDGsゲーム体験あり)経営者の為のセミナー

イベント概要

SDGsと仏教は、実は、マインドフルネスと禅のような関係性なのではないか? SDGsを 企業の中で展開しているコンサルタントと、高野山のお坊さんが 世界の平和をゲームを通して語ります。 (実験的なイベントです。) 【他のセミナーとの違い、持って帰れるもの】 ①楽しく学べる (ゲーム体験)、 ②仏教観点から世界を見る  若いお坊さんと世界のジレンマを仏教的に解説します。  ③SDGsの本質 

開催日
2019年07月17日(水)
時間
15:00 -17:30
会場
日本経営道協会
住所
東京都 千代田区外神田2-2-19 丸和ビル2F
主催
 Synapse,LLC / 日本経営道協会
参加申し込みはこちら

※変更、キャンセルなどはこちらから主催者へ直接お問い合わせください。

SDGs と 仏教 は、 実は、
マインドフルネス と 禅 のような関係性なのではないか?

SDGsを 企業の中で展開しているコンサルタントと、高野山のお坊さんが
世界の平和をゲームを通して語ります。
(実験的なイベントです。)

【他のセミナーとの違い、持って帰れるもの】
①楽しく学べる (ゲーム体験)
②仏教観点から世界を見る  若いお坊さんと世界のジレンマを仏教的に解説します。 
③SDGsの本質 

※割引コードをお持ちの方は、チケット購入時にご入力ください。
***********************************************
◎開催日: 2019年7月17日(水) 15:00 – 17:30(開場 14:30)
※15時開始(開場 14時半)です。
 ルール説明(開始直後)に遅れると内容がついていけなくなってしまいます。お気をつけお願い致します。

◎会場:日本経営道協会
    東京都千代田区外神田2-2-19 丸和ビル2F

◎参加費: 
 一般(4,000円) + 懇親会費(1,500円) ¥5,500
 一般(早割 ~6/30)+ 懇親会費(1,500円) ¥5,000
 一般(超早割 ~6/16) + 懇親会費(1,500円) ¥4,500
 一般 (懇親会なし) ¥4,000
 一般(早割 ~6/30)+ 懇親会なし ¥3,500
 一般(超早割 ~6/16)+ 懇親会なし ¥3,000

◎お申込み:「参加申し込みはこちら」ボタンを押すと表示されるPeatixページから、チケットをご購入ください。
※ 正式なお申し込みはPeatixでチケットを購入された時点で完了致します。

◎連絡先: TEL 090-8100-8309 (主催:竹元携帯)  
開始時間過ぎると、ご対応出来ない場合があります。ご了承くださいませ。

◎主催
 Synapse,LLC
 日本経営道協会  

足立 信行(あだち しんぎょう)
阿闍梨
一般社団法人日本経営道協会 理事/事務局長 株式会社 T-sousai 代表取締役社長

1982 年、京都府生まれ。 一般の家に生まれる。幼少期に仏教に興味 があったのでも、信心深い両親であったわけでもないが、18 歳の時 に高野山で僧侶になることを決意。
2005 年高野山大学人文学部密教 学科卒業。
2006 年高野山専修学院卒業。
2007 年高野山金剛峰寺布教 研修生修了。高野山で修行をする中で僧侶や寺院の役割を考え、一 度下山し、約半年間、四国 88 か所はじめ多くの寺に行き、住職や市 井の方から社会に必要とされるお寺とは何かの示唆を受ける。その 中で仏教、葬儀の重要性に気づき、
2008 年 大手互助会系の葬儀会 社に入社。葬儀の担当者となり、年間約 120 件の葬儀を手掛ける。
2012 年 IT 企業に入社。エンジニアとして活動。
2014 年日本経営道 協会に従事し、会員増強、委員会設立、社団法人化など手がける。 仏教的経営、仏教の経営などを専門的に考える。
2018 年理事、事務 局長に就任。現在に至る。

竹元 紳一郎
Synapse,LLC 代表(組織開発コンサルタント)

アクティブラーニングを中心とした管理職育成研修をIT業界、製造業中心にサービス展開している。
組織行動診断士SDGsカードゲーム 公認ファシリテーター、
大学では、心理学を専攻し、保険会社システム統合や、政府系システム開発のエンジニア独立)
趣味はフットサル、ビリヤード、大人の秘密基地作り、バイク、神社

WILL(働き方改革研究プロジェクト)
テレワーク、ダイバーシティ、ワークシェア等が実際のビジネス現場でどの様に活用されているか?を研究している。
昨年のレポートはこちら