【SDGs事例紹介】パタゴニア 売上の全額を寄付、結果的に売上が予想の5倍に

イマココラボの村中(むら)です。

今回は、パタゴニアの取り組みに関して見てみましょう。

 

売り上げの100パーセントを寄付

アメリカでは11月末頃に「ブラックフライデー」というものがあります。11月の第4木曜日の感謝祭の翌日の金曜日で、クリスマス商戦の開始日でもあることから、1年で一番買い物が行われる日と言われています。

そこで、このように発言しました。

売り上げの100パーセント、すなわち全額を、未来の世代のために空気や水や土を守ろうとローカルコミュニティで活動する草の根環境保護団体に寄付します。

100-planet-TCL-1600x883-c-default

利益の100パーセントではありません。原価も含めた売り上げの100パーセントです。

やりますねぇ。

当たり前ですが、原価分は赤字、ということです。

 

売上 1,000万ドル(約11億円)、予想の5倍に

そして、2016年11月25日、反響は予想を大きく上回るものでした。

反響は予想を大きく上回るものであったことを、ここにご報告します。皆様のご支援により、パタゴニアでは全世界合計で過去のブラックフライデーの売り上げの記録を塗り替える1,000万ドル(約11億円)を売り上げることができました。予想していた売り上げの200万ドル(約2億2000万円)の5倍を超える金額でした。

10-mil-TCL-1600x883-c-default

※画像の100%が$10MILLIONに変わっています

2.2億円の予想の5倍の11億円。

11億円がパタゴニアにとってどの程度なのか、非上場なので売り上げや広告宣伝に対する比率などを正確に確認することはできませんが、衝撃的なのは、5倍であった、ということです。

 

5倍の共感者、5倍以上の宣伝効果

それは、パタゴニアは2011年のブラックフライデーでも「このジャケットを買わないでください」という広告を出して話題になりました。

広告の意図は、「何でもかんでも買うのではなく、消費者としてよく考えてから購入しよう」というものでした。

SDGsの目標の12番目に、「つくる責任 つかう責任」というものがあります。つまり、購買して使う消費者がいるから作る企業が生まれる。そのため、使うこともSDGsにとって1つの責任だよ、というものです。

もちろん、買うな、ということを意図しているのではなく、必要かどうかよく考えてから購入しよう、さらには、その製品の原料がどんなものかちゃんと確認しよう、というものです。

ちなみに、パタゴニアは1994年から化学薬品を大量に使用するコットン使用に反対し、サプライチェーン全体として取り組み、現在ではコットン製品は100%オーガニックコットンを使用しています。(*1)

このように大変意味があるのですが、同時にマーケティングという観点からはユニークで魅力的な手法をとってきているパタゴニアであれば、売り上げ予想はそれほど外れないはずです。

にもかかわらず「5倍」でした。

予想の5倍の売り上げがあったということは、5倍の人がこの広告に共感し賛同した、ということです。さらにその広告が各メディアで拡散され、その宣伝効果はそれ以上であるとも言えるでしょう。

私がこうやって記事にしていることもその1つの効果ですね 笑

 

製品中心マーケティングから共感的マーケティングへ

SDGsはビジネスチャンスとも言われるのでマーケティングの観点から少し見ていきたいと思います。

以前は、新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの一方通行のマーケティングでしたが、Facebookなどのソーシャルメディアの広がりにより、友人・知人とのつながりのコミュニティーに所属し、その中での「いいね」により、情報が広がる時代になりました。PPAP(ペンパイナップルアップルペン)の1億回以上の再生回数は分かりやすい例ですね。

マーケティングの神様と言われるコトラーは、このことをマーケティング3.0といい「世界をよりよい場所にすることが目的であり、その目的に対する『共感』と『共創』がカギ」と言っています。

つまり、ブラックフライデーにパタゴニアの商品を購入した消費者は、パタゴニアの「世界をよりよい場所にしよう、そのために100パーセント寄付する」という想いに共感し、購入を通じてその世界を共創している、ということになります。

 

地球を大切にすることとビジネスの成功とは矛盾しない

パタゴニアは言います。

過去何十年にもわたってパタゴニアは、地球を大切にすることとビジネスの成功とは矛盾しないということを実証してきました。

パタゴニアは何十年も前から取り組んでいますが、この共感、共創がカギになったこの時代では、パタゴニアが言うことは間違いない真実でしょう。また、それこそがビジネスを成功させるカギでもあると思います。

イマココラボではこのような事例を、メルマガを通じて情報発信しています。ご興味ある方はぜひ登録してください。

登録はこちら⇒ https://flexcrm.jp/f/DpimoSuK/

 

関連記事

*1 オーガニックコットンの記事

http://www.patagonia.jp/20-years-of-organic-cotton.html

* パタゴニア100パーセント寄付の記事

http://www.thecleanestline.jp/2016/11/100-percent-today-1-percent-every-day.html

* 1000万ドル、5倍の売り上げの記事

http://www.thecleanestline.jp/2016/11/record-breaking-black-friday-sales-to-benefit-the-planet.html